BLOG ブログ

HOME // ブログ // 不動産購入計画【1】

CATEGORY


家づくりの話

不動産購入計画【1】

不動産購入計画を立てよう!  -その1-




不動産の購入は、人生の中で最も大きくて夢のあるイベントの一つです。
しかし、不動産を購入する際は契約や登記など、細かくて複雑な手続きが必要になります。
そこで今回は、不動産契約までの流れについて、2回に分けてご説明していきます。

不動産購入形態の種類
不動産の購入形態は大きく分けると、仲介業者が買主と売主の間に入る「仲介物件」と、
買主と売主が直接契約する「売主物件」の2種類があります。
まずはそれぞれの形態の特徴について解説します。

・仲介物件
仲介物件とは、物件所有者である売主と買主の間に、仲介役の不動産会社に介入してもらい
不動産物件を購入することです。
不動産知識が豊富なプロが仲介するため、個人同士の売買になる際にもトラブルになりにくく、
スムーズかつ安心感があるのが利点です。
ただし、仲介役の不動産業者に支払う仲介手数料が必要です。
仲介手数料には宅地建物取引業法により、売買価格に応じた上限額が定められています。
上限額を越えることは違法になりますが、下回る場合は問題ありません。
仲介手数料の上限額は下記のとおりです。



・売主物件
売主物件とは、買主と売主が仲介役の不動産会社を介さず、直接契約して購入する物件のことですが、
一般的に、個人対個人での直接契約はほとんどありません。
不動産売買では、トラブルが生じないようさまざまな面から契約条件を決める必要がありますが、
専門的な用語も多く、個人間の売買では金額や条件面などを詰め切れないリスクがあるため、
売主物件は不動産会社、ハウスメーカー、工務店など、宅地建物業を取得している会社からの
直接購入が一般的です。
売主と買主が直接契約をする場合、売主が宅地建物業者であっても、仲介手数料はかかりません。

不動産購入するときの流れ
不動産購入は動く金額も大きいため、間違いや後悔のないように、慎重に行わなければなりません。
まずは、不動産購入までの大きな流れを押さえておきましょう。

・予算を確定する
理想どおりの物件を購入しようとすると、金額が大きく膨らんでしまいがちです。
後々住宅ローン破綻を起こさないためにも、しっかりとした資金計画を立てましょう。
住宅ローンを組んで購入する場合は、自身の収入と支出を見比べ無理のない返済プランを立てる必要があります。
金利条件もさまざまありますので、確実に支払える金額を見極めたうえで、予算を確定しましょう。

・希望条件をまとめる
予算が決まったら、次は希望条件をまとめましょう。どのエリアにするのか、戸建てかマンションか、
中古か新築か、家の広さはどのくらいにするかなど、項目別に条件を整理するとよいでしょう。

・物件を探す・内見
希望条件がまとまったら、いよいよ物件探しです。条件に合う物件はインターネットでも検索できます。
しかし、希望どおりの物件が見つかったら、必ず契約前に物件を実際に見に行きましょう。
土地だけの場合でも現地に足を運んでみることが大切です。
現地では物件の状況とともに、駅からの距離や周辺環境(周辺道路の交通量、騒音、スーパーや
病院といった生活に必要な施設までの距離など)、日当たり、窓からの眺め、物件の傷み具合なども確認しましょう。
内見の際はメジャーを持参し、コンセントの位置なども確認しておくとよいでしょう。

・住宅ローンを申し込む
住宅ローンで借り入れをする場合は、本審査の前に事前審査を受ける必要があります。
事前審査では、物件の売買契約をする前に、借入金額の予測や住宅ローンが組めるかどうかの判定ができます。
万が一審査に落ちてしまったら、購入する物件を変更するなどしなければなりません。
住宅ローンは金利などの条件が商品によって異なるため、物件探しと並行して条件の合う住宅ローン探しを行うとよいでしょう。

 

◆-その1-まとめ




不動産契約以前の資金計画はとても重要です。また、住宅ローンを利用して不動産を買う方が大半だと思いますが、
その場合は、契約の前に住宅ローンの事前審査判定を受けておかなければ、契約をしてもらえないことが当たり前になっています。
住宅ローンの商品もたくさんありますので、一度プロに相談をしてから不動産探しを始めることを検討してはいかがでしょう?
当社では、新築住宅設計施工の他、不動産の自社物件もございます。

仲介業務も行っておりますので、広い視点からの資金計画が可能です。
ご相談に費用はかかりませんのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

弊社は、環境にやさしく快適に暮らせるZEH(ゼロ エネルギー ハウス)の注文住宅を得意とする建設会社です。
また、「イシンホーム武蔵野店」として、埼玉県および東京都の施工を担当しています。
ご相談はお気軽に、ショールームでお待ちいたしております♪
■□■─────────────────────────■□■
有限会社リ・ワークスジャパン
【こどもエコすまい支援事業者 】
【SII登録事業者】
ショールーム&オフィス
〒359-1116 埼玉県所沢市東町12番38号
KASHIMAビル2F
営業時間:10:00~19:00
定休:水曜日
フリーダイヤル:0120-090-395
Email: re_works_japan@rwj.homes
U R L: https://rwj-musashino.info/
■□■─────────────────────────■□■
Instagram
・施工事例や住宅にまつわるトレンド情報を発信!
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧